大会式典・講演会
大会式典
開催日

平成29年11月10日(金)16:00~17:45

会場

高知県民文化ホール オレンジホール(メイン会場)
          グリーンホール(サテライト会場)
高知市本町4丁目3-30 TEL 088-824-5321

開催目的

青年部会活動の柱である租税教育活動や部会員増強について、一年間の成果を発表し表彰するとともに、租税教育活動の取り組み事例を共有する場といたします。

記念講演
開催日

平成29年11月10日(金)14:00~15:30

会場

高知県民文化ホール オレンジホール(メイン会場)
          グリーンホール(サテライト会場)
高知市本町4丁目3-30 TEL 088-824-5321

演題

走ることで伝える大切な事 ~夢・出会い・絆~

開催目的

 青年部会員として、夢や諦めない気持ち、人との出会いの大切さを知り、自社はもちろん周りの人達に愛され信頼される人間作りの場として「人間力」を高めることを目的とします。間寛平さんは皆様もご承知の通り、アースマラソンへの挑戦。その真只中見つかったガンを克服し見事完走されました。現在は東日本大震災で甚大な被害を受けた被災地でマラソンを通じ、心の復興支援をされています。夢、希望、想いの素晴らしさを未来に継ぐ為、少しでも元気を与えたい。「走る」ことで伝え、魅せる寛平さんの想いを、坂本龍馬の生まれたこの高知で皆様と共有出来ればと思います。

講師

間 寛平氏  (1949年7月20日生まれ 高知県宿毛市出身)

●講師プロフィール
1970年に吉本興業に研究生として所属。1974年には、なんば花月で初の座長公演を務める。同年にリリースしたレコード「ひらけ!チューリップ」で大ヒットを記録した。その後も憎めないキャラクターと不条理なギャグ"アメマ" "かいーの"などを連発して、関西で絶大な人気を得る。
1989年頃より東京に進出し、数多くのバラエティーに出演。さらに、演技者としてもその個性を発揮し、1991年には「ファンキー・モンキー・ティーチャー」で映画初主演を果たした。
以降は役者としての活動も増え、NHK大河ドラマ「琉球の風」(1993年)やNHK朝の連続テレビ小説「ぴあの」などに出演。1994年の主演作「罪と罰~ドタマかちわったろかの巻」では井筒和幸監督とともにコメディとシリアスの狭間で型破りな刑事アクションを作り上げた。2001年吉本興業のタレント結成したRe:Japanで「明日があるさ」をリリース、同名ドラマにも出演した。また、同年に主演したNHKドラマ「悪意」では、渋みのある刑事の演技を見せた。2002年には本格サスペンス映画『OUT』で初の悪役を演じた。
2008年12月17日に日本中が注目したアースマラソンに出発。途中2010年にトルコにて前立腺がんが判明。しかし断念することなく、治療しながら陸上、海上計4万1000kmに及ぶ壮大なプロジェクトを完走。日本中に勇気と感動を与えてくれました。
現在も毎年、東日本大震災で大きな被害を受けた福島、宮城、岩手県で被災地に元気を届ける「RUN FORWARD KANPEIみちのくマラソン」を開催し、40カ所の仮設住宅を訪問し、諦めない夢、笑顔、勇気、元気を届けてくれています。